印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


HOME > あぶらかす

「あぶらかす」とは大阪南河内地方で江戸時代後期から食されてきた郷土食材と言う名の部落食材です。原料は主に牛の腸と食肉の残滓であるため屠畜業に携わる者の多い被差別部落民の間で生産、消費されてきた伝統食、かつ保存食です。あぶらかすに類する食材は全国各地に存在する?存在した?らしいのですが、調べてみると呼び名も定義もバラバラ、江戸時代後期から食べやすいようにアレンジ工夫され独自の製法で差別や偏見を乗り越えた今に至るあぶらカスは、ただ単に「うまい」だけでは済まされない、歴史と知恵と人の怨念にも似た魂が宿る食材と言えるでしょう。
当店の定番商品の「カスラーメン」に使用の「あぶらかす」テイクアウト(500円~)はじめております。カップラーメンにただ入れるだけで、ご家庭でも「あぶらかす」が楽しめます。下記はあくまでも使用例ですが、是非参考にしてみて下さい。

AQiLf_ws.jpg